CASA.esu

周辺環境との関係性を考える


立地条件としては、南側には隣接住宅が近い位置にあり、東側に大きな幹線、北側は施主所有の空地、西側は雑種地である。

N.conceptでは南窓、南庭の第一主義ではありません、それを充分に確保できるのであればそうするのがベターですが、ベストではないのです。

1.年々強まっている夏の暑さと紫外線対策
2.南側隣接に建つ住宅(玄関は計画地側にあり)との関係性を考える。目線のバッティングなど
3.東側幹線は夕方の混雑時には渋滞になるためそこの目線も気になる。
4.以上の条件を明るさと風通しを確保した上でクリアすること。

上の4つの課題解決のデザインに取り組みました。

近年の分譲敷地ではせいぜい50坪から60坪の大きさです。
さらに道路以外の3方が隣地に囲まれていては、前時代的な南に大きな居間と窓があってその先にお庭・・・なんてことは到底難しいわけです。

しかしながらそんな限られた条件の中でも充分にゆったりと気持ちよく暮らす設計やデザイン、周辺環境との繋がりは作ることが我々の仕事です。

 

静岡県掛川市

予算:工事費3000万円 設計料300万円

住宅