CASA.O

コの字の住宅を考える。


この計画敷地は北側道路で西側、南側、北側が隣地で囲まれた住宅密集地である。
近隣との繋がりよりはプライバシーを確保しながら外部空間との一体感を得るためのデザインとしてコの字が合理的であった。

中庭の北側の位置に家事室を配置し、室内干しをするためのサンルームとしての機能を持たせています。そこから直結するピロティ物干し場も外干しするための場所として重宝します。

中庭の北側だけ2階部分を乗せているため2階外壁が南日射の反射板になり中庭を明るい照らすための機能も持たせています。そのため外壁は白一択となります。

上記の仕掛けを持たせているため、LDK,寝室には南側の大きな窓を設置しなくても直射日光では得られない優しく柔らかな光で満たされるのです。

また、クライアントの要望として高齢になった時にもラクに生活できるようなバリアフリーな機能も欲しいとの事でした。
そのため寝室を1階に配置することでワンフロア完結の間取りとし、LDKとの間仕切りを大きなガラス扉で仕切ることで、一体間のある空間としました。
更に中庭のウッドデッキ空間もLDKに内包し、床面積以上の開放感と建築空間を得られますし、床と同レベルのウッドデッキでの物干しも可能となります。

静岡県掛川市

予算:建築費3000万円 設計費300万円

住宅